私にもっとスキルがあれば

私が介護の仕事をしているのは、けっしてその仕事が好きだからではありません。

子供が生まれてから、いざ仕事を探してみたら、もうそれしかできる仕事は残されていなかったからです。

私にもっとスキルがあり、何かもっと潰しのきく資格をもっていたり、そもそも学歴とキャリアがあって女性でも働きながらキャリアアップできるような、女性を大事にしてくれる大手企業にでも勤めていたならば、こんなに苦労はしていないでしょう。

今になって、もっと真剣に勉強して、将来のために学歴をよくして、なるべく有利な会社に就職していたらと、若い頃に努力しなかったことを悔やんでしまいます。

ですから、自分の子供には、まだ4歳ですが、しっかりとした教育をし、勉強にも力を入れていい学校へ行けるようにしてあげたいと切に思います。

今の時代、親の年収と子供の学力が比例すると言われているので、貧困ループに子供を巻き込ませたくない危機感で一杯です。本当は子供と一緒の時間を多くとって、勉強を一緒にみてあげたいのですが、私も働かないと子供の将来の学費が払えません。

仕事ができるうちに、なるべく貯金をして、娘の学費をプールしておかなければ、将来好きな道にすすむチャンスも与えられない現実があります。

それでも、とも働きをしながら、いざ子供が学校へ行き始めたら、塾とかに通わせる時間的にも金銭的にも余裕はできそうになく、なにか良い方法がないかと思っていました。

私の地元は岩手県の盛岡市で、主人も私も今の仕事が限界にきたら盛岡市に帰って子育てするのも悪くないねとは話をしています。

そこで、盛岡市での学習塾とか子供の勉強方法とかを調べてみたら、とても参考になるサイトを見つけました。
こちらです:学習塾盛岡市

そっか! 遊びの感覚で自分から学んでいける方法ってあるんだと気がつきました。

塾に通っても、学習しようとか勉強が楽しいとかの感覚がなければ、自分から学ぶことをしないでしょう。

それだと、勉強する意味も、将来の夢も、目標とかも曖昧のまま、ただ口うるさく勉強しなさいって言い続けるだけになってしまいます。

お金があれば、いい教育を受けさせてあげられるという心配ばっかりしていたので、どうやって勉強する楽しさを身につけてあげたらいいのかに気が回っていませんでした。

まずは、子供に興味をもたせ、知らなかったことを学ぶ楽しさをもってもらい、実力がついてきたら、そのサポートをどうするのかを考えるのが、親としての順序だと知りました。

そのためには、いろいろなやり方があるとわかっただけでも大きな収穫でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です